自分の「黒歴史」からコンテンツをつくる

こんな方にお勧めの記事です。
競合講師から差別化したい…
他にいないような特徴を出したい…
インパクトのある売りが欲しい…

よく「講師として抜きんでるためにインパクトのある特徴を発揮したい」という相談をいただきます。

そんな方に過去の経験をヒアリングすると
「なぜ、それを打ち出さないのですか?」
「それってめちゃくちゃ興味深いですよ!」

と、思わず食い気味に聞くことがあります。

しかしそれは、その人にとっての「隠したい過去」「消したい記憶」「墓場まで持っていく黒歴史」のようです。
別に犯罪おかしたわけでないので、その経験から学んだことをコンテンツにすればいいと思うのですが…

「そんなの聞きたいですか?」と本人は半信半疑です。

もちろん、よほどの経験でない限り、その話だけで講演をするのは無理です…
しかし、それを現在の専門領域とリンクさせることが出来れば、新しい価値を生むことがあります。


そうです!私が再三勧めている「異質の組み合わせで科学反応を起こす」新コンセプトの創造方法です。

あなたにはひた隠しにしている過去の経験はありませんか?

そのことから何を学びましたか?

もし大切な人が同じ境遇になっていたらどのようにアドバイスしますか?

それを今の専門分野と絡めたらどのような話になりますか?

それは価値のある学びになりませんか?     

意外に感じるかもしれませんが、このような問いからキラーコンセプトが生まれたケースもあります。
自分には売りになる経験がないと思ったら、自分自身のネガティブな歴史を堀起こてみてください。

ほんとうに誰もがドン引きするような話はやめておきましょう…

関連記事

  1. 講演・研修で直球がダメなら「比喩」で刺す

  2. プロ講師の「つかみ」話材(自然界編2)

  3. セミの脱皮を手伝ってはいけない

  4. 渡り鳥に学ぶリーダーシップ

  5. なぜあえてリスクを取るのか

  6. 講演・研修のプロ講師のトークはクセがすごい

  7. プロ講師の「つかみ」話材(自然界編)

  8. プロ講師の「つかみ」話材(自然界編3)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料メールセミナー

無料メールセミナー「人気プロ講師になる方法」 読者登録フォーム

無料メールセミナーPV *音が出ます

プロモーション動画編集

これから開催されるセミナー

オンラインコンサルティング