講演・研修講師のキャッチコピー

こんな方にお勧めの記事です。
口コミを広げたい…
自分のキャリアや強みをワンフレーズで伝えたい…
キーパーソンの印象に残りたい…

キャッチコピーって自分で作るんですか?

自然に呼ばれるなんて、よほどじゃないとありません。
自ら強みを可視化するコピーを仕掛けていきましょう。

個人のキャッチコピーは、まれに業界で自然発生した人やメディアに取り上げられた際につけられた人もいますが、
実際は自ら仕掛けているケースが多いんです。(芸能界だってそうですよね)

あなたが是非推薦したい商品があるとすれば、引きのあるコピーをつけて紹介するでしょう。

同じように講師としての自身も商品と考えて、もう一人のプロデューサーとしての自分で実績と強みを表すキャッチコピーをつくりましょう。

キャッチコピーを創る目的と期待する成果

目的

引きのあるキャッチコピーによるブランドづくり

期待する成果

  • エージェントや推薦者が第三者に紹介しやすい
  • プロフィールの強力なリード部分になる
  • 主催者が集客する際にインパクトのあるアナウンスができる

キャッチコピーを考えよう

キャッチコピーを考えるうえでのマインドセット

セルフブランディングでは講師としての自分自身を魅力的に伝えていくことが課題となります。

もちろん、過剰に盛ったり、ないことをあるように書いたりはしません。

しかし、平坦な文章では過小評価されます。
その為に魅力的な表現をしていくことが大切です。
このプロセスでは多少の抵抗感はあるでしょう。
なんせ自分のことを書くわけですから…

そこでブランディング構築の際は、講師としての自分と、プロデューサーとしての自分を切り離す意識改革をお勧めします。

ついつい自分が商品だと謙遜してしまいますが視点をプロデューサーに変えて、この商品のよさをいかにわかってもらうべきかと考えるのです。

このマインドセットが重要です。実は力のある講師に限って遠慮がちに書いてしまい目に留まらず埋もれています。

反対に先の講師よりも実績は劣るものの、自分の強みや個性をうまく表現して人気講師になっている方もたくさんおります。

ぜひ、プロデューサー視点でインパクトあるプロフィールを構築してください。

抜きんでた実績を上げたときに呼ばれてませんか?

間違っても履歴査証や誇大広告をお勧めしているわけではありません。

ただ、これまで培ってきた実績をベースに講師をやろうと
考える方であれば、第一線時代に「さすが○○の□□だな!」
とか言われた経験はないでしょうか…

思い出してみましょう。

過去実績表現型
  • 販売成績トップを三年連続達成したカリスマパート
  • 鬼と恐れられた人事部長
  • クレーム処理三千件 一度も上司を出さなかった達人
  • 会社の危機に組合員の意識を変えた熱血書記長
  • 学校改革の推進をリードした新任の熱中先生
現在進行形表現型
  • 顧客満足を劇的に上げるCSクリエーター
  • 社員が喜んで働きながら成果を上がる制度を創る社会保険労務士
  • クレームをロイヤル顧客に変えるクレーム対応コンサルタント
  • 職場の空気を変える組織コミュニケーションの専門家
  • 自律的社員を育成するモチベーションコーチ

それは顧客の価値につながりますか?

キャッチコピーを完成させる前に確認するのが「顧客視点」です。
どんなにインパクトのあるキャッチコピーをつくっても顧客にとってのベネフィットにつながらなければ依頼にはなりません。

キャッチコピーが浮かべば「それが顧客にとってなんの価値があるんだ?」と自ら問いかけましょう。

すぐに出る解では顧客価値にならなければ、さらに「だから?」と繰り返します。

すると顧客にとっての価値が出てきたりします。
もし二度問ううてもならなければ、そのコピーは自分視点だということでしょう。

長い文章ではキャッチコピーになりません。
そのコピーの背景から顧客が価値を感じるかが重要です。

提案書類やWEBでアウトプットしよう

キャッチコピーが定まれば企画書類やHP、SNSに記載していきましょう。
繰り返し名乗り続ける事で馴染んできます。

「キャッチコピーをつくる」まとめ

✅最初に記憶されるのは名前よりもコピー
✅自己紹介で一言で強みを表現できる
✅宣材資料やWEBでアウトプットしていこう

関連記事

  1. 顧客の価値を明確化する

  2. 講演・研修講師としての肩書を創る

  3. 講演・研修企画で勝てるプロフィールを創る

  4. 講演・研修・セミナー講師のブランド

  5. 宣材写真で得する人、損する人

  6. 顧客の想定ができなければコンテンツ起点

無料メールセミナーPV *音が出ます

プロモーション動画編集

これから開催されるセミナー

オンラインコンサルティング