士業が講演、研修講師で業務拡大するために

・資格を取れば仕事に困らない…
・資格を取れば営業なんてしなくていい…
・資格を取れば収入は格段に増える…

そんなわけないですよね…一部を除いて皆さん苦戦しています。
なにより新規のクライアントを獲得するのが難しく、開業当初に取引はじめたのでいまだに新人扱いされて単価も安い…とはいえ、収益の比重が偏っているので切られたらたちまち経営的に厳しいという話を耳にします。
収入も会社員時代と同じくらいという人もいれば、はるかに少ないという人も多いです。

理想の常態は
・常に新規開発できていて嫌なクライアントはお断りする。
・ブランドが高まりフィーの単価が上がる。
・ポジションが上がりクライアントと対等なパートナーとして対話ができる。

そのためのオプションのひとつが講演・研修の講師です。

士業は独自性で勝負しよう!

士業でオリジナリティは難しい?

「オンリーワンのポジションを創るっていっても士業だから難しいです!」といった反応を受けることがあります。しかし、講師として活躍している士業はなんらかの際立った特徴を打ち出している人が多いです。

資格は取れず独自ブランドで逆転

私はこんなシーンに出会ったことがあります。
ある行政機関の経営相談会で会場のあちこちで士業が相談ブースに配置されていました。そこに当該イベントのゲスト講師がやってきました。ゲスト講師は相談ブースの税理士に軽い会釈をして控室に向かう……

後で両者に聞くと税理士はゲスト講師の税理士受験のときの講師だったとのこと。

しかしゲスト講師は試験に受からず資格をあきらめて税務のオリジナルの肩書を名乗りブランディングしていました。

数年後のこの日、何が起こったかといえば、資格を取れずに独自の肩書で活動しているほうはメイン講師で個室があり高額フィー。相談ブースの税理士はその他大勢扱いで大部屋で既定の謝金で安く使われていたのです…

これは当時、中小企業診断士の勉強をしていた私にとってもショッキングな出来事でした。
それがきっかけとなり私は勉強をやめてしまいました。

特長を出す

《絞る》何に強い士業なのかを明確にする

すでにいらっしゃるかもしれませんが、例えば…
「労務のIT化」に圧倒的に強い社会保険労務士
「クリーニング店の差別化経営」に独自ノウハウを持つ中小企業診断士
「ハッピーな廃業手続」を使命とする司法書士
そのようにポジションを明確にすることで、活動範囲が限定されたとしても、全国がターゲットになります。

《組み合せる》異質の経験とリンクさせる

新しい価値は新しい組み合わせから生まれます。
何か特別なライフワークはありませんか? ヲタク的な趣味はありませんか? 繰り返し読んでいるマンガありません? 隠し続けている大失敗、黒歴史はありませんか? 自分の棚卸をしてみましょう。まずはなんでもいいから数を出すのです。それを現在の専門知識と組み合わせてみましょう。例えば、タイトルにしてみると…
「『 <専門> 』で大切なことはすべて『 <異質の経験> 』が教えてくれる」 
新しい組み合わせから「科学反応」が起こることがあるのです。

 《疑問を入口にする》不思議のカラクリから話す

「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」が売れたのは、サブタイトルの通り”身近な疑問を題材にして難しい会計学を伝えた”からでしょう。士業のスキルをそのままタイトル、コンテンツにしても「難しそう」「堅そう」というイメージはぬぐえません。そこで、それぞれの専門領域のなかで「疑問」「不思議」を探しましょう。
あなたの「さおだけ屋」を見つけるのです。

オリジナルの肩書を創ろう

上記のような独自の切り口を創ったら、それに合わせてオリジナルの肩書を創りましょう。
「せっかく努力して資格取ったのに名乗らないんですか」とのお怒りの意見もあると思います。
誤解なく、資格を捨てるなんて言ってません。資格の業務はそのままで講師用の肩書をつくるという意味です。
あくまで講演・研修業界で抜きんでるための話ですが、オリジナルの肩書を名乗りそのバックボーンに資格があるほうが値打ちがあがります。

いち早い講演・研修コンテンツの構築と公開

新たに施行される法律や制度を先取りコンテンツをつくる

ビジネスや生活にかかわる法改正が施行さあれる場合、スムーズな移行のために3年前くらい前からセミナーによる浸透が図られます。例えば平成25年に施行された「消費税転嫁対策特別措置法」では多くの説明会が企画されました。ここで注目すべきことは当該法律のみでなく多少広げたコンテンツのほうが需要が多かったのです。そのあたりの匙加減を意識して提案することで選ばれる確率は上がります。

商工会議所、商工会の施策普及事業のコンテンツをつくる

地域総合経済団体は多様な施策普及に取り組んでいます。例えば11月は「下請取引適正化推進月間」で下請け取引の適正化を推進するために普及啓発事業がおこなわれます。
多くの企業の事例をお持ちの士業の皆様がブログなどで問題提起の記事や講演コンテンツをアウトプットすることで問い合わせが来る可能性があります。その際は当該施策事業名称でSEOを意識することが重要です。

タイムリーなリスクのコンテンツをつくる

例えばアルバイトが勤務先の悪ふざけをSNSに投稿し炎上する「バイトテロ」が話題になったときに、外食産業から研修依頼の相談が多数きました。この時に仕事を得たのは即座に研修コンテンツを公開していた「弁護士」「社会保険労務士」「中小企業診断士」等でした。このように社会で騒がれた事案は早く着手することが大切です。

上記のような企画は多様にあります。また将来企画されるであろう企画も想定できます。
法改正、施策普及は事前準備、タイムリーな話題は即制作しよう。

講師を務めることで得られる価値

講師をすることで得られるフィーはそれほど多くはないかもしれません。
時間単価としては生産性が低いかもしれません、それを補う大きな価値として・・・

1.講師を務めることで受講者からクライアントにつながることがある
2.講師をすることでブランドがあがりフィーを高めていける
2.講師を務めることで既存のクライアントからの見る目が変わる

  その他、多くの価値が期待できます。

士業の方の講師化支援いたします。

上記に書いたことは一部です。士業が講師で成功するための個別支援をしております。
ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 「USP」を「三大特長」で言語化する

  2. 講演・研修講師は営業してはいけないのか?

  3. 講演・研修・セミナー講師のマーケティング

無料メールセミナー

無料メールセミナー「人気プロ講師になる方法」 読者登録フォーム

無料メールセミナーPV *音が出ます

プロモーション動画編集

これから開催されるセミナー

オンラインコンサルティング