「PPAP方式」って意味あるの?

クライアントからのメールでパスワードをかけたZIPファイルが届くこと多くないですか?
これは「PPAP方式」(Pre send Password file After send Password)といいます。

  • P:Password付きZIPファイルを送ります
  • P:Passwordを送ります
  • A:Angoka(暗号化)
  • P:Protocol(プロトコル)

この頭文字の強引さ笑えますね…

以前はこの手のメール届いたとき、よほど重要なファイルかと思って緊張しましたが、最近では地図とかどうでもいいファイルまで大げさにPPAP方式であきれることもおおいです。
そのせいで本当に重要なファイルさえ淡泊にあつかいそうになります…

これって何のためにやってるんでしょうね。
誤送信防止対策のようですが、すぐ後に同じメールで送るんで意味あるんですかね?
すでに形骸化しているように感じます。
働き方改革で少しでも生産性を高めないといけない時代にロスですよね…

そう思っていたら、2020年11月に内閣府、内閣官房で「PPAP方式」を廃止すると発表がありました。
「セキュリティ対策や受け取り側の利便性の観点から適切ではない」とのことでした。
このようなことは民間企業から先に問題提起されそうなところですが、内閣からとは驚きました。

民間企業では早々に日立製作所は禁止を表明して、続いて富士通やNTTデータも脱PPAPの以降のようです。
今後、民間企業の統一見解があるのか、自然消滅していくのでしょうか… 

最近は「タイムマネジメント」などの研修も増えているので講師としては提案したいところでしょうが、組織のルールもあるので方針を確認してから言いましょうね…

この記事はこれ以上の掘り下げはやめておきます。雑談でした。

無料メールセミナー

無料メールセミナー「人気プロ講師になる方法」 読者登録フォーム

無料メールセミナーPV *音が出ます

プロモーション動画編集

これから開催されるセミナー

オンラインコンサルティング