刺さる!記憶に残る!勝てる!A4ワンシートプロフィール

あなたの経験、スキルを講師で活かしませんか?

無形の商品を売る講師にとってプロフィールは超重要です。
企画提案書やカリキュラムをいくらうまく書いても、 そのコンテンツを裏打ちするプロフィールがなければ依頼にはなりません。

この動画教材ではコンサルタント、士業、講師など「自分が商品」ビジネスを 展開の方のための「強みを見える化」する宣材資料のつくり方を提案します。

記入シートはA4一枚に10ブロックの意味ある項目を配置しています。こちらをダウンロードしていただき、動画を見ながらつくりあげる ワークショップ型の動画教材です。選ばれるためには、あなたの強みを見える化しなくてはいけません。 企画のプロとして30年間で7000案件超の講演研修を受注してきたプランナーが 意思決定権者の心に刺さるプロフィール構築をご提案します。

このような方にお役に立ちます。

✅自分の専門性や強みを文章にするのが難しい
✅なぜか自分よりキャリアが低い講師が売れている
✅競合講師より引きのあるプロフィールを作りたい
✅履歴書や職務経歴書以外の書き方が分からない
✅研修プログラムをつくるのは得意だけどプロフィールは苦手
✅候補にはあがるが、なぜか最終的に依頼にならない
✅講師エージェントにプロフィール送ったけど反応がなかった

プログラム

はじめに_  
 ├本講座のオリエンテーション
 └講師自己紹介
プロフィール設計の前提
 ├クライアントが宣材資料をどのように見るのか
 └宣材資料をつくるときのマインドセット
短い文字数で端的に「専門性」「卓越性」を見える化する
 ├リードプロフィールで全体の印象が決定する
 ├リードで刺さらないと後は流し読みになる
 ├リードは実績、強みを140文字にまとめよう
 └エレベーターピッチ
強みを伝え記憶に残す
 ├ワンシートプロフィールのヘッドライン
 ├セルフブランディングは重要な自分の仕事
 └自分の実績、卓越性を端的に伝えるコピー
肩書で「専門性を一目瞭然にする」
 ├オリジナルの肩書を考えよう
 ├同じ資格、同じジャンルと差別化を出す
 └キラキラ肩書には注意
宣材写真「読む前に第一印象が決定する」
 ├顧客見合いで服装を決める
 └ 自分視点のショットがベストとは限らない
思わず目を止めるタイトルを創ろう
 ├機能的ベネフィット、感情的ベネフィット
 ├ターゲットを特定にする
 └数字を入れる・ネガティブアプローチ
キーパーソンに安心を提供して意思決定を促す
 ├自分が商品ビジネスにとって実績は最重要
 ├実績はすべての項目を裏打ちする
 └具体的な社名や会合名を入れられると説得力増
メイン商品を失注してもサブで依頼をもらう
 ├メイン商品を失注してもサブで依頼をもらう
 ├お試し商品を置いておくとゼロ回答を避けれる
 └予期せぬ依頼に繋がることも
顧客に『選択する理由』を提示する
 ├顧客が「あなたから買う理由」を言語化
 ├バリュープロポジションで提供価値を見える化
 └競合との違いを打ち出す
コースを振り返りインプットを深める
 └全体の10ブロックを振り返る
おわりに PDCAをまわし完成度を高める

講師プロフィール

安宅 仁 プロ講師ドットコム代表 人材開発NET主宰

講演・研修・セミナー業界30年延7000件を超える企画に携わったプランナー。膨大な数の個性的な講師とともに仕事をしてきた経験を踏まえ、プロ講師として成功する要素を研究する。 2007年に業界初のバイブル書「プロ講師になる方法(PHP研究所)」を上梓。当時一般的でなかった『講師になる自己実現法』を提唱する。現在の多くの講師の誕生に影響を与えたことから講師ブームの火付け役と言われる。

大阪ガスの「さがする」で販売中