講演・研修の講師をお探しの担当者様 企画概要をヒアリングさせていただければ趣旨に沿ったご提案をご案内します。効率的に企画が出来ると好評いただいております。

誤解・不安・不満を減少~伝えたいことをカタチにする方法 

  • URLをコピーしました!

情報の伝達・共有・確認をスムーズにするとミスやトラブルを減らせる

「人前で話す。伝わるように話す。」には、準備が重要。放送の現場では、準備、情報収集100、実際の現場での発言10いくかいかないか?といわれるほど。また、口頭でだけ伝える場合、互いの頭に描く絵が同じ、イメージできるものが一緒でないと、伝わったとはいえません。声だけで伝えるラジオの放送の現場で使うテクニックなどから、「伝わるコツ」をお伝えします。

浅井千華子 <あさいちかこ> 伝え方コーチ・フリーアナウンサー

阪神淡路大震災をきっかけに企業を辞め、アナウンサーを目指し、故郷明石ケーブルテレビに入社。
アナウンスだけでなく、撮影、編集、番組制作全般をこなす。映像制作未経験のスタートから退職時には部内 NO1 の制作数を達成。
フリーに転向後は、地方局の TV、ラジオのレギュラー番組を獲得。ラジオでは、朝の生ワイド番組をスタート時から番組終了の13年間担当。その間、メインパーソナリティー3人が交代するも、変わらずアシスタントとして番組を支える。
街頭インタビュー数10000人以上、リポート数・約1000枠以上、生放送ゲストインタビュー数、1100組以上。
放送の現場で、トーク・会話の瞬発力、要約力、質問力、調整力を磨いてきた。
また、鬱を患った時に出会った「表情筋トレーニング」で、笑顔の力や表情の大切さに気付き、自身の体験から独自の「極上笑顔メソッド」を考案。

受講対象

若手組合員向け
上司に報告・連絡・相談がうまく伝わらない
ミスやトラブル、悩みを相談できない
人前で話すことが苦手、緊張する

提供価値

気持ちはあるのに、言葉にできない。態度にも表すことができないのはもったいないこと。
パターンや方法がわかり、練習すれば、習慣になり、自分のものにすることができます。コミュニケーションも練習でかわるものです。また、話すのが苦手。億劫な人は、饒舌に話さないといけないという思い込みもあります。そんなことはありません。言葉数は少なくとも、簡潔で的確であれば、また言葉にしなくても相手には伝わります。「言葉」と「態度」(体の使い方)をセットにして、伝えたいことを伝わるカタチにする方法をお伝えします。
・情報の伝達・共有・確認がスムーズにできる
・誤解・不安、不満を減少できる

講演概要

1. 伝える前にまず準備
   緊張を解く方法、態度、表情、声が相手に与える影響
2. 言ったつもり、伝えたつもりにならないために
   言葉にならないことは、考えていないのと同じ。「視覚を言語化するワーク」
   相手と同じ絵を描く、同じ映像をみてこそ「伝わる」に変わる「言語を視覚化するワーク」
3. 伝える場面、日常の「報告・連絡・相談」で気を付けること
   それぞれのおさえるべきポイントとコツ
4.まとめ

 相談は無料です。お気軽に 

上記のお問い合わせフォームを優先でお願いいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!