講演・研修の講師をお探しの担当者様 企画概要をヒアリングさせていただければ趣旨に沿ったご提案をご案内します。効率的に企画が出来ると好評いただいております。

効果的な1on1面談導入法~面談の目的の明確化、「動機」と「執着」

  • URLをコピーしました!

部下面談で使えるコミュニケーション技術

1on1面談を導入する企業が増え、管理職や中堅社員は、部下や後輩との面談や相談の機会が増えています。しかし、場や機会はあっても、何を話せばよいかわからず、愚痴・雑談で終わってしまうことも珍しくなく、活用できていません。また、本来は、面談者に自分で考え、決断させる姿勢を育てるのが重要であることはわかっているのに、必要以上にアドバイスを与え、育成の芽を摘んでしまうことにもなります。

本セミナーは、部下が成長し、自ら行動するための面談、相談で使えるコミュニケーション技術を学んでいただきます。

想定する対象者と課題

・部下との接し方に自信をもてない中間管理職、リーダー層
・1on1面談で何を話していいかわからない中間管理職、リーダー層

プログラムサンプル

1.はじめに
  1) 今日のセミナーの目的とゴール
  2) なぜ1on1面談を導入する企業が増えているのか
   DX時代におけるコミュニケーションの重要性

2.導入
  1)評価面談と1on1面談の違い       
  2)基本となるアドラー心理学とコーチング
  3)面談の目的の明確化、「動機」と「執着」

3.1on1面談の基本
  1)1on1は「聴く」が8割、話し手の納得感が上がる「傾聴」の方法【傾聴ワーク】
  2)「承認」と「賞賛」の違い【承認ワーク】  
  3)まずは自己開示

4.効果的な1on1の5ステップ
  1)いきなり本題に入らない          
  2)未来の行動の基になるのは過去
  3)絶対に話を遮らない                    
  4)アイメッセージ            
  5)ベイビーステップ

太田 英樹 <おおたひでき>
京都企業コーチング 代表・瞬速コーチコミュニケーション 主宰

30年の介護業界での経験の中で、心理カウンセラーの資格を取得し、高齢者への寄り添い力を強化する一方で、数多くの施設でのマネジメント・育成をを行う。45歳で、アドラーコーチングの第一人者である平本あきお氏に師事。平本氏からの学びに、自身の知識と経験を加えてアレンジしたアプローチを『瞬速コーチコミュニケーション術』として体系化。5年で30以上の法人の人材育成を請け負い、管理職・一般社員の意識改革・行動変容を実現。現在は、年間150本以上の企業研修に登壇しながら、複数の企業で管理職向けの1on1を行っている。

 相談は無料です。お気軽に 

上記のお問い合わせフォームを優先でお願いいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!