講演・研修の講師をお探しの担当者様 企画概要をヒアリングさせていただければ趣旨に沿ったご提案をご案内します。効率的に企画が出来ると好評いただいております。

野村證券の強烈エピソードから学ぶ強いメンタルの作り方

  • URLをコピーしました!

営業成績ビリからトップ5%に上り詰めた私の営業手法

當間義剛 <とうまよしたけ>
最強メンタルコンサルタント

野村證券や事業経営で数多くの修羅場を経験してきた「最強メンタルコンサルタント」

1981年千葉県生まれ。格闘技に打ち込み、学生キックボクシング最優秀選手。
2004年明治大学卒業後、野村證券入社。営業一筋。
若手時代は営業成績がビリで、日々強烈な叱責・罵倒を受け続け、苦しい日々を過ごす。自分の強みを把握して強いメンタルを手に入れるようになってからは営業成績が上がり、新入社員の指導役や若手社員のリーダーに任命される。
キャリア後半では、歩合制の営業専任職に職種転換。2000人の中で常に上位5%の手数料収入をあげ、2016年(35歳)の年収は1800万円。
40歳を前に、野村證券で培ったメンタルを活かして他の世界にチャレンジしたいと思い転職を決意。調剤薬局を軸に多角経営を行う事業会社に新規事業開発部長として入社。
入社1年後にはグループ会社の代表取締役社長に就任。高齢者向けの配食事業や調剤薬局一体型コンビニエンスストア等の事業を手掛ける。
その後、人材紹介会社にてキャリアを積み、2023年にTOMAキャリアパートナーズ株式会社を設立。酸いも甘いも味わった自身の経験から、悩めるビジネスマンのコーチング・キャリア支援を行っている。

日々強烈な叱責・罵倒を受け続けた営業パーソンがいかにTOP5%になったのか

若手ビジネスパーソン、営業職の方々

この研修では、「数字は人格」「ノルマ証券」と呼ばれる野村證券に入社し若手時代は営業成績がビリで、日々強烈な叱責・罵倒を受け続け、苦しい日々を過ごしてきた講師が、どのようにして成果を出し逆境を脱出したかを、具体的なエピソードと共に提供します。
この研修を通じて、受講者は下記の学びを得ることが出来ます。
・逆境から立ち直る力(レジリエンス)を理解し、自分のものにすることが出来る
・困難な状況こそ自分が成長するチャンスだととらえ、ストレスと上手く付き合えるようになる
・野村證券の営業手法を学び、自分の営業に活かす

サンプルプログラム

・導入 知られざる「野村證券あるある」
縁もゆかりもない地に配属 ひたすら電話と飛び込み営業 挫折をあじわう
どん底の状態でもがきながら考えていたこと・実践したこと
ミニワーク:自分の過去の仕事で困難だった、辛かった経験を振り返る(隣の人と共有)
転勤を機に営業手法を一新 劇的な成果をあげる
     自分に求められているミッションの変化に対応していく
     顧客からの信頼を得るために リーマンショック時の対応方法の紹介
     クレーム顧客への対応方法の紹介
     野村證券の営業手法の紹介
グループワーク「学んだことをどのように現場で活かすか」(4名程度でシェア)
まとめ:営業ほど楽しく成長させてくれる仕事はない  質疑応答
質疑応答

今ならパワハラ!~地獄を見てきた男のストーリー~
野村證券の強烈エピソードから学ぶ強いメンタルの作り方

PHASE
同期ビリの営業成績で上司から罵倒

明治大学卒業後、当時「数字が人格」「ノルマ証券」と呼ばれていた野村證券に入社。
最初の配属先である鹿児島支店にて、鹿児島市内を自転車で駆け回りながら飛び込み営業を続ける。
オーナー社長・開業医などの大口顧客の新規開拓が苦手で、営業成績が同期ビリにまで落ち込むと、
上司から叱責・罵倒を受け続けた。

PHASE
覚悟を決めてやり方を変えたら成績急上昇

そんな絶望の中、口座は開設済みだが稼働していなくて担当者もついていない「スリープ顧客」へ接触しても良い、との話をもらう。「新規開拓が苦手な自分には最後のチャンスだ、これしか生きる道は無い」と覚悟を決め、必死でスリープ顧客に営業活動を行う。すると大口契約が取れるようになり、自信がついてくるようになると営業成績は急浮上。新入社員の指導役や若手社員のリーダーに任命される。

PHASE
常に上位5%の成績を上げ続ける

キャリア後半では、歩合制の営業専任職に職種転換。2000人の中で常に上位5%の手数料収入をあげ、2016年(35歳)の年収は1800万円。

PHASE
新たなチャレンジ

40歳を前に、野村證券で培ったメンタルを活かして他の世界にチャレンジしたいと思い転職を決意。調剤薬局を軸に多角経営を行う事業会社に新規事業開発部長として入社。
入社1年後にはグループ会社の代表取締役社長に39歳で就任。新規事業として高齢者向けの配食事業や調剤薬局一体型コンビニエンスストア等の事業を始める。
しかし高齢者向け配食事業は売上が頭打ちで、早朝から弁当を作って日中はバイクで高齢者宅を駆けずり回るが全く儲からず。責任者を任せていた店長に半年で退職されてしまい、後任の採用が全く上手く行かず、廃業。コンビニエンスストアはオフィス街中心だったためコロナによって売り上げが激減、赤字転落。事業経営の難しさを味わう。社長としての無力さを感じ、退職。
その後、人材紹介会社にてキャリアを積み、2023年にTOMAキャリアパートナーズ株式会社を設立。酸いも甘いも味わった自身の経験から、悩めるビジネスマンのコーチング・キャリア支援を行っている。

複数人で企画検討される際などにご活用ください。
フッダーの当方のロゴ、URL、メールの枠を消したほうが良ければご指示く醍。

ワンシートプロフィール

ご検討用ワンシートプロフィールです。
複数人で企画検討される際などにご活用ください。

フッダーの当方のロゴ、URL、メールを記載していないタイプが必要の場合はご連絡ください。


 相談は無料です。お気軽に 

上記のお問い合わせフォームを優先でお願いいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!