講演・研修の講師をお探しの担当者様 企画概要をヒアリングさせていただければ趣旨に沿ったご提案をご案内します。効率的に企画が出来ると好評いただいております。

部下指導は「聴く」が8割、話し手の納得感が上がる「傾聴」

  • URLをコピーしました!

社員が辞めなくなるコミュニケーション

就職先や転職先を決めるにあたり、給料よりも働きやすさ、人間関係を重視する傾向にあり、一昔前のように「厳しく育てる」では人材育成どころか、すぐにメンタル不調に陥ったり、退職してしまう。ゆえに、経営者や管理職が部下とのコミュニケーションの取り方がわからなくケースも珍しくありません。
本セミナーは、経営者や管理職が、社員に迎合するでもなく、キツく言ってしまいパワハラになるでもない、みなが気持ちよく働き、生産性が上がるコミュニケーションスキルを学んでいただきます。

想定する対象者と課題

・部下との接し方に自信をもてない中間管理職
・社員の定着率が低く、常に高額な求人広告費が経費を圧迫している企業の経営者、マネージャー層

プログラムサンプル

1.はじめに
  1)今日のセミナーの目的とゴール
  2)「本音=ネガティブ」から抜け出し、ポジティブな本音を伝える
2.導入
  1)思考を手放し、感情にフォーカスする   
  2)基本となるアドラー心理学とコーチング
  3)自身のコミュニケーション傾向を知る「自己覚知」
3.部下指導の基本
  1)部下指導は「聴く」が8割、話し手の納得感が上がる「傾聴」の方法【傾聴ワーク】
  2)「承認」と「賞賛」の違い【承認ワーク】    
  3)まずはラポール形成
4.社員が気持ちよく働きだすコミュニケーションの5ステップ
  1)安心安全の場              
  2) 日頃の「一言」で積み重ねる
  3) 経営者・上司の覚悟(空気感)
  4) アサーティブコミュニケーション   
  5) ベイビーステップ

太田 英樹 <おおたひでき>
京都企業コーチング 代表・瞬速コーチコミュニケーション 主宰

30年の介護業界での経験の中で、心理カウンセラーの資格を取得し、高齢者への寄り添い力を強化する一方で、数多くの施設でのマネジメント・育成をを行う。45歳で、アドラーコーチングの第一人者である平本あきお氏に師事。平本氏からの学びに、自身の知識と経験を加えてアレンジしたアプローチを『瞬速コーチコミュニケーション術』として体系化。5年で30以上の法人の人材育成を請け負い、管理職・一般社員の意識改革・行動変容を実現。現在は、年間150本以上の企業研修に登壇しながら、複数の企業で管理職向けの1on1を行っている。

 相談は無料です。お気軽に 

上記のお問い合わせフォームを優先でお願いいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!