講演・研修の講師をお探しの担当者様 企画概要をヒアリングさせていただければ趣旨に沿ったご提案をご案内します。効率的に企画が出来ると好評いただいております。

不安全行動/ヒューマンエラーはこう防ぐ

  • URLをコピーしました!

危険感受性を高め危険敢行性を下げる

去来川 敬治 <いさがわたかはる> 社会保険労務士

社会保険労務士・第1種衛生管理者・衛生工学衛生管理者・RSTトレーナー・新CFTトレーナー・危険予知訓練トレーナー・安全管理者選任時研修講師・フルハーネス特別教育講師
「真・報連相」研修講師 他

昭和30年3月29日生まれ。昭和52年に社会人としてスタートし、建設業の現場代理人からアパレル営業・企画・販売、飲食、そしてカナダのモダンバレエ公演サポートまで、広い範囲での業界経験があり、前職は平成8年より8年間、ゼネコンの安全スタッフ、ISOの構築担当者として活動する。

平成16年からは兵庫労働局での非常勤職員、中災防、建災防等の各災防団体、各企業での講師・講演活動をしつつ、平成19年8月に独立開業(いさがわ社会保険労務士事務所)し、平成20年末から(一社)日本報連相センターの会員となり、「報連相」研修を実施。

令和5年1月現在は、一般建設業だけにとどまらず、ガス供給企業、発電関連企業、鉄道関連企業、運輸交通関連企業等での継続教育、関東・中部・近畿・中国を中心に各企業での、安全衛生教育や講話、安全診断パトロール、危険予知訓練等を中心に活動を続ける。

年間120回程度の講師・講演・アドバイザー活動を行い、それぞれに好評を得ており、また、今までの安全衛生の講話で好評を得たテーマの中から、㈱清文社より安全小冊子「不安全行動・ヒューマンエラーはこう防ぐ(平成24年)」「“安全スピード”で仕事と命を守る(平成25年)」「現場リーダーが本気で取り組む/PDCAサイクルで安全行動を強化する!(平成26年)」を出版する。また、中央労働災害防止協会出版の「安全衛生 読みたい話、伝えたい話(平成28年)」で執筆参加する。 平成28年 中央労働災害防止協会より「緑十字賞」を受賞する。

安全衛生管理での心に残るエピソードの一つに、現場の仲間達と協力して達成した2173日の「4日以上の死傷病ゼロ」の記録があり、また、その記録が消えた災害で学んだ「人つながり」の経験がある。

「一期一会」「一所懸命」「手を握ってどつきあい」を信条に、「人つながり」の生き方を目指している。

主な講演・研修タイトル

1.「不安全行動/ヒューマンエラーはこう防ぐ①(チームとして安全行動を周知・徹底するには)」
人の特性(ミスや不安全行動の3つの背景=「知らなかった・出来なかった・やらなかった」)から、チームとして「安全行動の実施」や「エラーを防ぐ」ポイントを学びます。
2.「不安全行動/ヒューマンエラーはこう防ぐ②(危険感受性を高め危険敢行性を下げるには)」
人の特性(ミスや不安全行動の2つの背景=「危険感受性」や「危険敢行性」)から、チームとして「安全行動の実施」や「エラーを防ぐ」ポイントを学びます。
3.「不安全行動を防ぐには(作業者心理から対策を考える)」
金塚憲彦先生著書の「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」から作業者心理にスポットを当てて不安全行動対策を学びます。
*1~3は主に人間特性を知り対策を考えるという「基本」を学びます。
4.「シナジー(相乗効果)を発揮するための心理的安全性を高めるには」
青島未佳先生著書の「リーダーのための心理的安全性ガイドブック」から、強いチーム作りのヒントを学びます。
5.「安全管理の真・報連相
人を動かすためには情報共有を深めなければならない。情報共有を深める自分になるための方法を「真・報連相」のコンテンツから学びます。
*4〜5は主にコミュニケーションの重要性を学びます。
6.「安全スピードで命と仕事を守る
職場リーダーが職場メンバーを「守ってやる」ポイントを「3現」「3即」「3徹」のキーワードで学びます。
7.「PDCAサイクルを回して安全行動を強化する
職場の安全管理活動の中で、TBM、危険予知活動、職場巡視を取り上げ、安全管理サイクル(PDCAサイクル)の重要性を学びます。
8.「できる人を育てるには
期待行動をとる人を育てる方法を、「職長教育」や石田淳先生の「行動科学マネジメント」から学びます。
9.「リーダーに求められる3つの管理」
職長教育の「リーダーに期待される3つの役割・機能=先取りの安全衛生管理・情報管理・部下の育成」から、リーダーシップ発揮のポイントを学びます。
*6~9は主にリーダーシップの重要性を学びます。
10.「ヒューマンエラーを防ぐには」 「繰返し災害を防ぐために」
ヒューマンエラー(人間特性としての危険感受性と危険敢行性)を振り返り、小松原明哲先生の「安全人間工学の理論と技術」から「現場力=レジリエンス」を身につけるためのマネジメントを学びます。
11.「リスクアセスメントマネジメントで“勝てる会社”をつくる」
日常のリスク管理のポイントと本質安全化(本質改善)が必要性について、人の行動特性を振り返り、リスクアセスメントの必要性と効果について理解を深めます。
*10~11は主に組織マネジメントの重要性を学びます。

 相談は無料です。お気軽に 

上記のお問い合わせフォームを優先でお願いいたします。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!